京都市中京区の歯医者です。京都リサーチパークから徒歩3分。「五条御前」上ル200m「松原御前」の北西角

インプラント

デンタルエステ(審美歯科) | インプラント|歯科 | 小児歯科 | 口腔外科

歯を失って悩んでいませんか?

この女性キムさんは交通事故で6本の歯を失い、インプラント治療を受けました。虫歯や事故など、様々な要因により、人は歯を失います。一本だけ失う場合もありますし、並んだ何本かを失う場合もあります。また上顎や、下顎の全部の歯が無くなってしまうこともあります。

失った歯が1〜2本の場合、隣り合った健康な歯を支えとする「ブリッジ」や「差し歯」などの義歯が適用されることが多く、全部の歯が無くなった場合には、歯ぐきに吸着させるタイプの総入れ歯を作るのが一般的な解決法として普及しています。

しかし、ブリッジや差し歯の場合、下記のようなトラブルを耳にすることがあります。

  • まわりの歯と義歯の違いが目立ち、人前で口を開くことができない
  • 金属製のブリッジや支えのバネに食べ物が挟まるため、好きなものを食べることができない
  • 義歯が合わなくなり、何度も作り直している
  • 食事中や話している最中、またスポーツなどで体を動かしているときに、義歯が動いたり外れそうになったりして気が気でない
  • などなど…

また、総入れ歯で、満足できる入れ歯がなかなか手に入らない場合、トラブルはより深刻になります。

  • ことばをうまく発音できず、人前に出たり、話をすることが億劫になる
  • 食事のときに入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が入り込む
  • 噛む力を充分かけることができず、固いものが食べられない
  • 歯ぐきが覆われていて、食べ物がおいしく感じられない
  • 食事の後、入れ歯をはずして洗ったりするために、外出や旅行が気軽にできない
  • 口臭がひどいのではないかと不安で、人に会うことができない
  • などなど…

このような問題を抱える患者さんのために研究・開発されてきたのがインプラント(人工歯根)による治療法です。

インプラント(人工歯根)による治療

噛むという行為は、想像以上に強い力を歯とあごにかけています。たった奥歯1本にかかる荷重は、なんとその人の体重にほぼ等しいと言われます。そんな大切な歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうと言うことです。

歯根を失ってしまうと、内部分の骨は噛むことによって得られる刺激がないためにしだいに痩せていきます。また、残っている歯根も徐々に移動してしまうため、例えぴったり合わせて作ったはずの入れ歯でもしだいに合わなくなることがあり、何度か作り直す必要がでてきます。

歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。これがブリッジという治療法です。奥に歯がない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は1.5倍(つまり体重の1.5倍!)にもなります。その上、削られた歯は傷みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲の健康な歯を削ってブリッジに作り直さなければなりません。

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、インプラント(人工歯根)治療です。この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。

インプラント治療の流れ

1. 調査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

2. 一次手術


あごの骨にインプラントを埋め込みます。

 

 

3. 治癒期間


一次手術後、3〜6ヵ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

 

 

4. 二次手術


歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1〜6週間おきます。

 

 

5. 人工の歯を作製・装着


歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

 

 

メンテナンスと定期検診

インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

インプラントQ&A

Q.インプラントを適用できないケースはありますか?

1本だけ歯を失った場合、複数の歯を失った場合、まったく歯が残っていない場合、いずれにおいてもインプラントによる治療は可能です。ただし、下に挙げたような条件下では注意が必要です。

インプラント治療が制限されるケース

  • 妊娠中の方
  • 全身疾患のある方
  • 他の歯根に感染症がある方、歯周病の方
  • あごの骨の量が少ない方、骨粗鬆症の方
  • 糖尿病や高血圧などの慢性疾患のある方は良好な状態にコントロールされていることが条件になります

インプラントが適用できないケース

  • 顎の骨の成長が終わっていない、16歳以下の方
  • 歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
  • アルコール依存症の方
  • 医師との協調が得られない、精神的に問題のある方
  • チタンへのアレルギーを持っている方

Q.インプラント治療の成功率は?

30年以上の臨床経験と100万人以上の人が治療を受けた結果、クラウンやブリッジを支持するノーベルバイオケア社のインプラントは高い成功率を誇っています。1歯の修復においては95%近く、複数歯においてはそれ以上の成功率が論文で発表されています。

Q.治療費はいくらぐらいですか?

インプラントを埋め込む本数や、治療方針、義歯部分の作製にかかる費用など、症例によって異なりますので、歯科医師に事前に相談し、費用についても充分納得されてから治療をはじめることが大切です。日本ではインプラント治療は健康保険が適用されませんので、従来の治療法に比べて高額と思われることが多いようです。しかし、総入れ歯を何度も作り直した例や、インプラントによる治療結果、効果を総合的に考えると、一概に高額とは言えないでしょう。

Q.インプラントは何年ぐらいもちますか?

1965年に初めて埋め込まれたインプラントが、現在も義歯を支える働きを果たしていることから、衛生状態が良く保たれているインプラントは、長い期間にわたって良好に機能することが期待できます。反対に、手入れが良くないとインプラントの寿命が短くなることも考えられます。

Q.治療期間はどのくらいかかりますか?

通常4〜6ヵ月です。インプラントの本数や埋め込まれる箇所、採用される治療方法によって差があります。

Q.手術の際、入院が必要ですか?

一次手術でも、二次手術でも入院の必要はありません。また、充分な局部麻酔下で手術を行いますので、従来の歯科診療に比べても痛みを感じる度合いは強くないと言えるでしょう。

Q.人工の歯が壊れることはありますか?

充分な診察を行って治療計画を立て、その部位に最も適した材料で歯を作製しますので、簡単に壊れるようなことはありません。万が一壊れたとしても、作り直しは可能です。また、骨の状態を確認した上で、インプラントを追加することも可能です。

Q.全く歯が残っていない場合でも治療できますか?

歯が1本も残っていない患者さんには、上あご、下あごに各5〜6本のインプラントを埋め込んで義歯を支えます。インプラントを2〜3本しか入れられない場合には取り外し式の入れ歯で対応します。この入れ歯は従来の総入れ歯と異なり、しっかりあごの骨に固定されますので、食事中でも会話中でも動くようなことはありません。

Q.インプラント治療は、現在通っている歯科医院でも受けることができますか?

全ての歯科医院でインプラント治療が受けられるわけではありません。インプラントを導入していない歯科医の場合は、研修を受けた専門医を紹介してもらうと良いでしょう。また、保険治療を行っていないインプラント専門医の場合、その後の主治医として信頼できる保険医を紹介してもらうのが一般的です。一度インプラント治療を受けても、以後の治療を全てインプラントで行わなければならないということはありません。

治療に入る前に

インプラント治療は、より良い治療結果を達成するため、また患者さんに負担の少ない治療法を提供するために、日々研究が重ねられ進化しています。

ここで紹介した治療法は、2回の手術を行う「2回法」と呼ばれる方法ですが、1回の手術で必要な手順まで進める「1回法」や、さらに数時間〜数日で人工の歯を装着する「即時負荷」などの治療法が新たに開発されています。いずれの治療法も全ての患者さん、全ての治療箇所に適用できる万能手法ではなく、綿密な治療計画が必要なことには変わりありません。

インプラント治療は、様々な要素を含んだ医療分野です。「とりあえず1本入れてみる」のではなく、術後の手入れや通院の費用、また長期的な治療計画について、納得できる説明が得られる医師のもとで治療をはじめられることをお勧めします。

オッセオインテグレーションの研究成果

チタンに対して骨が拒否反応を起こさず、時間の経過とともに強く結合することを発見したのは、スウェーデン・イエーテボリ大学のブローネマルク博士でした。この特性は「オッセオインテグレーション*」と名付けられ、博士はその後13年間、医療現場で安全に使用できるよう研究を重ねました。最初の患者にインプラント(人工歯根)が埋め込まれたのは1965年。今も患者の歯を支えています!チタンを利用したインプラントは世界中に広まり、140万人を超える患者に適用され、多くの論文でその有効性と安全性が報告されています。

*“オッセオ”はラテン語で「骨」、“インテグレーション”は英語で「結合」を意味します。



Copyright (C) 2006 Takioka Dental Clinic All Rights Reserved.

−素敵な歯医者さん−たきおか歯科クリニック:京都府京都市中京区壬生東高田町30−そんな歯医者を目指します−